2017年秋分の日はいつ?由来を解説

秋分の日といえば、毎年9月23日頃と決まっていますね。

これは大体合っているのですが、法律で9月23日という日付で定められているわけではありま

せん。ですから、たまに22日になったり、24日になったりします。

秋分の日というのは、どのようにして定められるのでしょうか??

そこで今回理解を深めるため、調べてまとめてみました!

秋分の日はどのように決められる??2017年は??

国民の祝日の中には、

敬老の日・・・9月の第3月曜日

体育の日・・・10月の第2月曜日

と決められるように、

法律で具体的な日付で決まっていないものがあります。

秋分の日もその1つであり、どうやって決まるのかというと、前年の2月1日に

国立天文台が官報で発表する「秋分日」を基準にして決められるんですね。

「秋分日」というのは、祝日法で定められたものなのですが、

地球が秋分点を通過する日とされています。

このように、惑星の運行に基づき、定められているわけです。

2017年も、9月23日が秋分です。

秋分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになることで知られていますが、

太陽が真東から昇りーー→真西に沈み、太陽が極楽浄土があるという真西に沈むことから、祖

先を敬い亡くなった人をしのぶ日とされています。

近年大型連休に組み込まれることが多くなったため、

改めて祝日として意識されることは少なくなりました。

彼岸って何??

彼岸と言う言葉は良く使いますよね。お墓参りに行く日と言う意識がありますね。

ですが彼岸のしっかりとした意味はご存知ですか??

彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。それぞれ、春分の日(3月21日頃。その年により変動)、秋分の日(9月23日頃。その年により変動)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

【 秋彼岸 】
9月20日(水):彼岸入り
9月23日(土):彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月26日(火):彼岸明け

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Googleadsense広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!