プールの塩素は目のかゆみや赤くなる原因?アレルギーや肌荒れへの影響は!?

夏が近づき、プール開きをすると、プールに入る機会が一気に増えます。

学校のプールの授業も多くなりますし、気軽に行ける施設のプールで遊ぶ計画を立てている方

もいるでしょう。

ところが、夏になりプールに入ったら、目のかゆみを感じたり、目が赤くなったり、という経

験はありませんか??

それらは、プールに入っている塩素が原因になっています。

たくさんの子供たちが入るプールですが、本当に塩素は安全なのでしょうか??気になります

ね。

また、プールで遊ぶことは、身体に様々な刺激を与えることになるので、病気とまではいかなくても、身体に異変が起こる可能性があります。

なので今回はプールの塩素が私たちに与える影響や、プールで遊ぶ際の注意点、について、調

べました。

まず塩素の働きから順番に見ていきましょう。

なぜプールに「塩素」が入れられるのか?塩素の働きと濃度

プールに行くと、必ず独特のにおいがしますよね。

あのにおいの原因が、「塩素」です。

塩素はプールの水の消毒のために入れられるのですが、

「塩素」は消毒のために入れられています。

塩素の働きによって、病気の原因となる細菌やウイルスを死滅させます。

つまり塩素は水を介して伝染する病気などを予防できるため、衛生的には必要なのです。

実はこの塩素は、水道水にも入っています。水道水に比べると、においも強い分、プールには大量の塩素が含まれている気がしませんか?

ですが、実際は水道水とプールの塩素濃度はほぼ同じと言われています。

因みに、濃度は0.4~1.0ミリグラム/リットル程度です。

しかしながら、プールの水は人体や汚れに触れることで、しっかり管理しなければ塩素の残留

量が減ってしまうのです。

プールは目のかゆみ、赤くなる原因になる?

プールに含まれる塩素は、目を刺激する、と言われています。

そのため、プールに入ると、目のかゆみ、目の充血し赤くなるという経験をする方も多いで

す。

実は、最近の研究によると、塩素一つのせい、という訳ではないことが分かってきています。

その原因ですが、最近では、

プールに入れられている塩素と、プール内の尿(おしっこ)の化合物が原因

であると言われています。

塩素は我々の身体から出てくる色んなものを消そうとして、それらと結合するんです。それが化学的な刺激を作り出して、目の痛みにつながります。痛みは塩素が尿や汗と結びついた結果なんです。 – 防疫センター長 マイケル・J・ビーチさん

引用:http://www.gizmodo.jp/2015/06/post_17461.html

まさかおしっこが原因だったとは、、、

プールには、子供から大人まで、お年寄りなども含め不特定多数の人々が入るため、この原因

を完全に防止するのは難しいでしょう。

専門家の中には、泳いでいる人たちの「目」が赤くなっているかどうかを見たほうがよい、と

いう人もいます。

お子さんと一緒にプールに入る場合は、注意してみると良いかもしれませんね。

目のかゆみ、充血の対処法のうち、もっとも簡単なものは、ゴーグルをしっかり付ける、とい

うことです。つけるのが面倒かもしれませんが、目を守るために必ず着用してくださいね。

目の異変に気が付いたら、眼科専門医の診療を受けてください。また、プールでの目の病気の

ための目薬なども発売されていますので、探してみることをおすすめします。

肌荒れの原因と、対処法は??

プールでは、目のトラブル以外でも、何かしらの身体の異変が起きる可能性があります。

特に女性が多いですが、プールに行くことで肌荒れを起こすこともあります。

その原因は様々で、

・身体の冷え

・疲労

・日光

・塩分プール。

・塩素

などがあります。

長時間水につかることで、身体が冷えたり、遊びつかれた疲労で免疫が弱まり、肌荒れの原因

になったりします。また、屋外で遊ぶ場合は、予想以上に日差しが強く、日光も強く当たるこ

とも多いです。

肌が弱いと感じる方は、プールで遊んだあとは、まず更衣室のシャワーでしっかり体を洗うこ

とを徹底してください。これだけでもだいぶ違います。肌荒れが起きた場所に専用のボディク

リームを塗ることもおすすめです。

また、対処法というよりも、日々の体調管理に加え、プールで遊びながらも体調に気遣うこと

が非常に重要です。「体調が優れないな~」と感じたらなるべく早くプールから上がってくだ

さいね。

プール熱とは?

塩素からは話がそれますが、プールに入ることで罹る可能性がある感染症があります。

それが、プール熱と呼ばれるものです。

正式名称と、症状は次のようになっています。

咽頭結膜熱いんとうけつまくねつ)とはアデノウイルスによる感染症。プールの水を媒介として感染しやすいことから「プール熱」や咽頭結膜炎ともいわれる。

感染後4日から5日間の潜伏期間を経て、突然、38℃から40℃の高熱が4日~1週間続く。また喉の腫れと結膜炎を伴う。喉の腫れがひどい場合は扁桃腺炎になることもある。結膜炎を伴う場合は、目が真っ赤に充血する。発熱、結膜炎、喉の腫れの3つの症状は、必ずしも同時に現れない。

引用:wikipedia プール熱

プールに遊びに行ったあと、熱が出たら「プール熱」も疑ってみてください。

塩素アレルギーの症状とは?

塩素がアレルギーを引き起こしてしまうケースもあります。

アレルギーを引き起こすと、

・くしゃみ

・せき

・発疹

・水ぶくれ

、、、etc.

等の症状が出る可能性があります。

プールに入った後これらの症状が出た場合には、塩素アレルギーの可能性がありますので、診

療を受けてみてくださいね。

プールの水質管理と、法律について。

これまでプールに含まれる塩素が与える影響について、色々と見てきましたが、基本的にはプ

ールはしっかりとした水質管理が行われています。

プールの安全面・水質管理については、文部科学省が基準を設けています。

一般的のプールには、「遊泳用プールの衛生基準について」

特定の学校のプールには、「学校環境衛生基準」

というものです。

プールに入らない方がいいケース

病気などに罹っている方や、病気から回復した直後というのは、感染症に罹りやすいと考えら

れるため、プールへ入ることは禁止されています。

また、下痢だったりケガをしていたり、体に傷ができてしまっている方なども、タイミングを

ずらすのがいいでしょう。

プールを楽しむ効果

今回は、プールで遊ぶリスクなどを中心に解説しましたが、もちろん、プールで泳ぐことはマ

イナスだけではありません。ご存知のとおり、泳ぐことはいい有酸素運動になりますし、運動

効果もかなり高く、ダイエット効果も高いです。また、思い切り遊ぶことで、ストレス発散が

でき、免疫力も上がります。

なので、リスクと対処法を抑えたら、あとは思い切り遊んでくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Googleadsense広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!