愛してたって、秘密はある4話あらすじ(ネタバレ)感想!

この記事には『愛してたって、秘密はある』の4話

●あらすじ(ネタバレ)と感想

●犯人や事件の考察

が書いてあります。

3話も色々印象に残ったシーンがありますが

ラストで、奥森黎の母・晶子が階段から転げ落ちました。

あれは明らかに誰かに突き飛ばされた感じでしたね。

そして予告では、

・奥森黎の家庭教師の高校生である果凛(吉川愛)が、問い詰められるシーン

・爽が花火大会待ち合わせ場所で危険な目にあうシーン

などもありました。

果凛は目力というか迫力があって怖えぇ!

という感じでした。笑

それでは、以下からどうぞ!

スポンサーリンク
Googleadsense広告

『愛してたって、秘密はある』4話あらすじネタバレ!

晶子(鈴木保奈美)が病院の階段から転落したという知らせを受けた黎(福士蒼汰)。彼は、爽(川口春奈)とともに病院へ駆けつける。大事には至らなかったものの、晶子は入院することに。

01

黎は、誰かが晶子を階段から突き落としたのではないかと考えていた。次々と身の回りに起こる不気味な出来事は父の死の真相を知る人物の仕業で、この先も晶子や爽が危険な目に遭うのではないか。黎は、“黒幕”に立ち向かう決意をする。一方、爽は帰宅する道すがら、何者かにつけられている気配を感じていた…。

晶子の不在で黎が困っているだろうと気遣った茜(岡江久美子)は、爽のマンションで夕食を振る舞う。二人は茜から、花火大会のチケットを渡される。好きな人と花火大会に行くのが夢だったと喜ぶ爽に対し、黎は複雑な心境に。黎にとって花火は、11年前に奥森(堀部圭亮)を殺してしまった夜を思い起こさせるものだった。

02

そんな中、爽は果凛(吉川愛)から、黎が花火嫌いだと聞かされる。果凛は「黎ちゃんのこと、何も知らないんですね」と爽を挑発。何も話さない黎に、不安になる爽だが…。そして、花火大会当日。行くのを迷っている黎のもとに、待ち合わせ場所で待つ爽の写真が送られてきて…!?

さらに、爽のマンションの防犯カメラに、不可解な出来事の“犯人”が映っていた!一体誰だったのか…!?

『愛してたって、秘密はある』3話までの犯人考察

まずこのドラマのストーリーを整理してみると、起こっている事件が多数あります。

しかも、同一犯あるいは単独犯にはできなそうなことが幾つかあります

なので前提になるのは、犯人が複数いることですね。

以下では、事件や人物ごとに考察をしています。

●奥森皓介「花の色が違うんだよッッ!」

ってなんなんでしょうね。笑

黄色のバラが意味するのは、、、

●メールで黎を脅す人物(同一と考えられる)

しっかり確認してませんが、アドレスが同一だったと思います。mail-demonとかなんとか。

ネットでは母の晶子説が一番濃厚ですね!

確かに、母の昌子は全てを知っていますからね~。一番可能性は高いかと。

文面は

「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」

「お父さん、みーつけた」

なんか若い子の文面に見えないこともないですね。

●遺体を掘り起こし事件

これは、女子高生一人には無理です。しかも隠す場所もないですね。

それにしても、掘り起こしてどこ持ってったんでしょう。掘り起こす人にメリットがなさ過ぎ

る。。。

これは共犯者の存在や、車が無いとキツいかと思います。

●鍵を送りつけた人物

車の鍵を送りつけてきた犯人ですが、病院関係者しか持っていないキーホルダーがついてい

た、というのが重要ポイントですね。これにより、鍵を用意できたのは、ほぼ母の晶子か風見

忠行に絞られます。風見忠行は嘘を付いてるんじゃないですかねぇ。。。ミスリードかもしれ

ませんが。

●戸籍謄本

戸籍謄本は家族でないと入手が難しいようですね。恐らく病院に提出した過去などあれば別で

すが、これは母の晶子が一番近いかもですね。

●サイドストーリー(ストーカー、)

メインではない、罪を犯したと思われる容疑者のストーリーが、執拗に黎に精神的ダメージを

与え続けてますね。笑

今のところ内訳は、ストーカー、同性愛少年、自殺幇助。

●大人たちの過去

①病院勤務

母の昌子、奥森皓介、風見忠行たちの関係

②立花弘晃と奥森昌子の関係

立花家に関しては、爽の母・立花茜はとりあえず除外していいでしょうね。これまで怪しさを

匂わせる描写は一切ありませんでしたし、、、。まだわかりませんけど。

爽の秘密とは?

爽の秘密とは何でしょうね?

まだデータが少ないので何ともいえないのですが、爽が中学か高校時代に、同級生と撮ったと

思われる、写真が映るシーンがありました。

これは完全に根拠がない憶測なんですけど、爽は同級生に「いじめ」をしていた過去があると

かじゃないですかね。

そしていじめられた人はどうにかなってしまったのでは。

もしくは、爽の兄である立花暁人が父(遠藤憲一さん)と喧嘩し、父が「検事になるのはお前

だ」といったことで、グレた。という感じですかね。その場合はそんな対したことない秘密に

なりますねー。

虎太郎が果凛に写真を渡していました。爽のことが本当に好きなら、そんなことするかな?と

いう違和感はありましたね。

果凛(吉川愛)

奥森黎と晶子が父を庭に埋めたのを見た可能性があるのは、果凛です。

家が隣なのかどうか、というのは描写がなかったと思うのですが、おそらく近所ですよね。

花火の夜は、現在17歳の果凛ですが、黎が父を殺したのは11年前です。

そうすると果凛が6歳の頃に見たことになり、今までずっと黙っていたことになりますね。

それにしても、黎が殺人を犯し父を庭に植えたのを認識した上で、なおかつ家庭教師として受

け入れていたとすれば、相手がイケメンだからってどんだけ図太いんだよ、と思わざるを得ま

せん笑

もしかりに花火を見ていなかったとしても、黎が家庭教師を結構な期間していたとすれば、花

火が嫌いということを知ることはできますね、、、

果凛は黎が好きなので、爽との結婚を邪魔するという動機ははっきりとあります。

そして虎太郎とタッグを組んでいるのはもう疑いようがないですね。

ただし病院の鍵や車に関しては、何も知らないでしょう。そのときは6歳なので、崖まで追っ

てはいないでしょう。

しかし、爽のドアに挟まっていた戸籍謄本などは黎の家に忍び込んで手に入れた可能性はあり

ますね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!