ドバイトーチタワー火災の原因やテロの可能性は?

ドバイにある超高層マンションで火災が起きたという報道がありました。

こちらがその報道です。


縦方向に長く伸びる炎が、激しく燃えていますね。

高層マンションの火災というと、6月にロンドンで起きたマンション火災も思い起こされま

す。

そこでこの記事では

●どんな建物なのか?

●火災の原因は?

●テロの可能性は?

●消化の様子や死傷者など

などを調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

ドバイの超高層マンションとはどんな建物?

今回火災が起きたのは、何と東京タワーよりも高いマンションとして有名な「トーチタワー」

だったそうです。「ザ・トーチ」「マリーナ・トーチ」とも呼ばれているようですね。

トーチタワーは何と79階建て。高さは約335メートルです。

トーチと言われる由縁は、

詳しい場所はこちらです。

ドバイ超高層マンション火災の原因は?

火災の原因ですが、まだ詳しいことはわかっていないようです。

こちらについては分かり次第追記いたします。

ただ燃え方からすると、縦に長く伸びるようにして炎が広がっているため、燃えやすい建材に

よりできた外壁を伝って火災が大きくなったのでは、と推測されます。

ドバイ超高層マンション火災テロの可能性は?

現在のところ、この超高層マンションの火災はテロとは関係なさそうです。

実は2015年にも火災が発生しているようですから、住民の不注意によるものか、進行中だ

ったといわれる工事に関連して起こった事故の可能性が高いです。

消化の状況や死傷者などは?

消化の状況ですが、これだけ高い建物ですから、果たして消防車の水は届くのか、疑問です

ね。

報道にあったとおり、住民の避難が既に済んでおり、死傷者は出なさそうです。

不幸中の幸いというか、怪我人などいなくてよかったですね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!