愛してたって、秘密はある5話あらすじ感想(ネタバレ)

この記事には、ドラマ『愛してたって、秘密はある』の

●5話あらすじ感想

●5話までの考察

が書いてあります。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

『愛してたって、秘密はある』5話あらすじ(ネタバレ)

5話あらすじはこちら!

奥森(堀部圭亮)の名で送られた荷物を受け取った爽(川口春奈)。荷物の中身は奥森のトロフィーと、爽が花火大会でなくした髪飾りだった。黎(福士蒼汰)は爽からトロフィーを見せられ、混乱。それは、黎が奥森を殴り殺した凶器だった。そんな黎の思いをよそに、何も知らない爽は、奥森が生きていて黎に声を掛けようと花火大会に来ていたのではないか、このトロフィーがあれば奥森と再会できるかもしれない、と警察に届けようとする。そんな爽に対して黎は思わず、声を荒らげてしまう。

01

黎は、誰が爽にトロフィーを送ったのかを調べ始める。配送センターを訪ねると、送ったのは女性と判明。その配送センターの近くには、果凛(吉川愛)が通う女子高があった。

黎のもとに、またしても差出人不明のメールが届く。不安に駆られる黎の前に、果凛が現れる。果凛は黎に、奥森家の戸籍謄本は盗んだのではなく、誰かが送ってきたからだと告げる。
黎は爽とともに、ジュエリーショップで結婚指輪を選ぶことに。しかし、店内にトゥーランドットが流れ、動揺した黎は店を飛び出してしまう。黎の姿に不安になる爽。

02

一方、晶子(鈴木保奈美)風見(鈴木浩介)に、黎から婚約者をまだ紹介されていないのかと尋ねる。爽の名前を聞いた風見は、なぜか動揺して…。

黎は、立花(遠藤憲一)と向き合うことで、爽への想いを強くし、サプライズで婚約指輪をプレゼントしようと決意。そんな中、爽に「奥森黎の秘密は手帳の中」というメールが届く。爽は、黎がいない隙に彼の手帳を開き…。

引用:http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/story/05.html

風見は爽を知っている!?

風見は爽のことを知っている可能性が浮上していました。

これは予想外ですね。

風見も怪しい人物の一人ですよね。

①黎の父の鍵についていた、病院のキーホルダー「092」を持っていた可能性は非常に高い

②奥森昌子を階段から突き飛ばすこともできた

風見が爽とどう関係するのか?というのはまだ殆ど手掛かりが無いのですが、まだまだ見えて

いない誰かとの関係がありそうですね。

考えられる可能性としては、風見は爽の同級生などの父親だった、などですかね。

こちらは完全に憶測です。

『愛してたって、秘密はある』5話感想

こちらは、ドラマ5話放送後に書いていきます。

4話までの考察

4話で新たに分かったこと・起きたこと

花火大会に関して

花火大会に行くことを知っていたのは

・本人たち(爽と黎)

・奥森昌子

・チケットを上げた立花母

・果凛

・虎太郎

これくらいですかね。

さすがに母の昌子はないかな、と思います。嘘かもですが階段から転落・入院の直後ですしあ

んなに機敏に接近することはできないでしょうし、理由もありません。

立花母は今のところ全く疑ってないです笑

母の奥森昌子の怪我に関して

●突き落とされた母の奥森昌子の元に、花束が届いた。

●花束に入っていたカードには「早くよくなるといいね」とメッセージ。

●花束は1週間前、フラワーショップの花こから、奥村黎名義でネットで注文されていた

病院で突き飛ばされる描写がありましたが、本当に突き飛ばされたんでしょうかね?

病院であれば事件があったことを装い黎を騙すことは簡単です。

これについては可能性が3つほど考えられます。

①風見が突き飛ばした

②浦西果凛が突き飛ばした

③奥森昌子の怪我は嘘、狂言だった可能性。

病院での転落については、何か嘘くさいものを感じました。意識不明と黎を煽っておきなが

ら、病院に到着した頃にはぜんぜん平気そうでしたよね。

奥森昌子を睡眠薬で眠らせたりもできるでしょうし、何針縫ったなんて、嘘つけますし。

これまで犯人は、黎を精神的に苦しめるだけでしたし、今回のように実際に母の昌子

を突き飛ばす、っていうのもそぐわないきもしますけど、どうなんでしょう。

果凛は病院で風見に接触してそうですね。

もちろん果凛は母を突き飛ばしてはいないと思います。恐らく真犯人とやりとりはしてそ

う。指示を受けるか自発的に動いているが、母を突き飛ばすまではしないかと。

花束の用意はしてるかもしれませんけどね。

風見はさすがにパソコンで花束注文まではできないかな、と思います。

●爽には、結婚する前に懺悔するべきことがある

5話の予告で爽は結婚する前に、懺悔すべきことがある、と言ってます。

それは学生時代の写真に隠されているのですが、この日付が重要です。

この日付はなんと、爽の兄である暁人の手帳に記入されていた、「時効成立」という文字が書

かれていた日付なんです。

つまり、この写真が撮られた日、爽とその友人が、事件を起こすか、巻き込まれたなどしてい

る可能性が高いんですね。

恐らく、爽が懺悔しなければいけないこととは、「いじめ」か何かではないでしょうか。

そして、兄の暁人と父の遠藤憲一さんの仲が決裂したのも、恐らくこの時期の爽が関わってい

る事件だと思います。

犯人はやはり母の奥森昌子か

●戸籍謄本を盗み、爽の部屋に置いたり、防犯カメラに移っていたのは、浦西果凛だった

→と思ったら、5話のあらすじによると、戸籍謄本を盗んだのは果凛ではありませんでした。

果凛によると、誰かの手により、届けられたのです。

つまり、果凛のことを以前から知っている別の犯人がいます。

果凛が黎のことを好きで爽に対する恨みから行動を起こすと読めるとなると、かなり身近な人

物ですね。

ここでやはり、犯人は奥森昌子の説が非常に高まりましたね。果凛の心理も読める立ち居地で

すし。そして戸籍謄本の入手は、母の奥森昌子であれば簡単でしょうし、可能性は非常に高い

ですね。

しかしながら、怪我で入院した直後、髪飾りを盗むという早業をするのは難しいでしょうね。

なので、奥森昌子が犯人としても、一人では難しい犯行は非常に多いです。なのでこの説では

共犯者が必要でしょうね。

爽の父の2つ秘密と、暁人や奥森昌子との関係

現在のところ、爽の父にも、2つの秘密がある可能性があります。

・ひとつは、奥森昌子と昔からの知人であること。

・もうひとつは、爽の「懺悔すべきこと」といった事件で何かを隠蔽したかもしれないという

こと。

ふと思ったのですが、爽の父は異常とも思えるほど「嘘つき」を嫌っていますよね。

これは自分が「嘘」をついたことがあるから、と思ってしまうほどです。

もしかしたら爽と黎の結婚に反対しているのは、黎を「嘘つき」と思っているだけという理由

ではなく、さらに自分の秘密もバレてはいけない、という警戒心からかもしれませんね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!