『愛してたって、秘密はある』6話あらすじ(ネタバレ)感想!

『愛してたって、秘密はある』が面白怖すぎますね!!!

この記事は、

●6話あらすじ(ネタバレ)

●5話までの感想&考察!犯人は誰?

について書いています。

第5話のラストの婚約指輪すり替わりも衝撃でしたね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

『愛してたって、秘密はある』6話あらすじ(ネタバレ)

指輪を交換した犯人は?

黎(福士蒼汰)爽(川口春奈)に渡そうとした婚約指輪が、

なぜか埋めたはずの奥森(堀部圭亮)の結婚指輪にすり替わっていた。

一体誰がどうやってすり替えたのか?

病院と政治家の贈収賄疑惑のつながりは?

立花暁人(賀来賢人)は、ある政治家(東国春)の贈収賄疑惑を追う中、晶子(鈴木保奈美)

が勤める港北医科大学病院が絡んでいるらしいことを突き止める。

そして、暁人は病院を訪ね、晶子や風見(鈴木浩介)に話を聞こうとする。

奥森浩介の車が崖から落ちたときの通報者は誰?

警察に呼び出され、奥森れいと昌子は、父親の車について

「車が崖から落ちた」と通報した人の音声を聞くが、聞き覚えがない声だった。

さらに、一ノ瀬刑事(矢柴俊博)は、2人が父親は失踪したことに

なっているにも拘らず、父親を探そうとしてこなかったことを不審に思い、

さらに11年前の失踪について調べだす。

爽と結婚するため、法律事務所の面接を受ける黎

立花父から、内定を取れば結婚を許せてもらえそうなので、

黎は就職の内定を取りたいと意気込む。

しかし一方で2人の結婚を邪魔したい虎太郎(白洲迅)果凛(吉川愛)も怪しい動きを続け

ており、何者かによる黎への不気味な揺さぶりは止まらない、、、

第5話までの感想&考察!犯人は誰?

指輪屋でなぜ、父を殺したときの音楽が流れた?

指輪屋で黎が父の浩介を殺したときに流れていた音楽が流れました。

ここは結構、謎ですね。一応、偶然ではないと考えてみます。

あのレコードについて知っている可能性があるのは、黎の他は母親、父親です。

私は、父親が生きている可能性はない、という前提で考えていますが、どうなってるんでしょ

う。。偶然の可能性はありますけど。

虎太郎

「全うに生きてないやつに、人を幸せにすることはできない」キリッ

母の晶子

黎が母昌子にトロフィーが戻ってきたと伝えたとき、不気味な笑みを浮かべました。

これまた精神的な病気や、二重人格説を疑いたくなります。

しかもこのとき、聞き間違いかもしれませんが、「お父さんが帰ってくるかも」と発言。

別人格の記憶では父親が良い人だったり、失踪と思い込んでいたりするかもしれません。

また、爽へと来たメール「黎の秘密は手帳の中」とありましたが、手帳の中身なんて見れるの

はやっぱり母親だけかと。

風見忠行

風見忠行は立花爽を知っていました。しかも病院の一室で激昂するシーンがありましたね。

やはり立花爽が懺悔しなければいけない何らかの事件の被害者の関係者かと思われます。

具体的にいうと、同級生の娘の父親とかですかね。

犯人は誰?

やはり『愛してたって、秘密はある』で黎を追い詰めている犯人は、

母の奥森昌子だと思います。

ですが、単独犯ではないでしょう。共犯者が誰なのかは、まだわかりません。

また、事件が複数ありますし、果凜がそうだったように、いろいろな人が各々一部の事件を起

こしてそうです。

リバースに似ている!笑

このドラマを見てると、何度もリバースを思い出してしまいます、、、

似ているシーン多すぎますね。笑

ラストで恐怖をあおるパターンでやられてしまい、次回が待ちきれなくなってしまいます笑

っていうか爽の懺悔を聞けずに終わるんかいっ!

って突っ込んでしまう人は多いのではないでしょうか笑

最後までお読みいただきありがとうございます!

以前の話数の感想は、こちらからどうぞ!

『愛してたって、秘密はある』第5話あらすじ&感想!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!