インパール作戦とは何かを簡単に解説!死者や生き残りの人数は?

戦後も長く批判され続けている、インパール作戦ですが、

なかなかその概要を理解することは、骨が折れます。

この記事では、説明が難しいとされる

インパール作戦をスッキリ分かりやすく解説いたします。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

インパール作戦とは何か?簡単に解説!

インパール作戦とは、

日中戦争の中で行われた、

日本軍による、インド進攻作戦

です。

※日本軍では、ウ号作戦(ウごうさくせん)

とも呼ばれていました。

決行されたのは、1944年(昭和19年)3月~7月初旬まで。

インパール作戦の背景

日中戦争の構図

日中戦争の構図は、こうでした。

↓↓↓

日本 ・・・ 帝国陸軍  

 対

中国 ・・・ 国民党軍・共産党

連合軍・・・ 主にアメリカ、イギリス、ソ連。中華民国を軍事援助。

       そして、連合軍の拠点がインパールだった。

連合軍による中華民国の援護と、戦局の悪化

日本は、中国戦線にて国民党軍などの相手を追い詰めていました。

しかし、ここで連合軍が中華民国を援護

武器弾薬などを連合軍が送ったため、

国民党軍は息を吹きかえします。

そして、戦況は悪化していきます。

援蒋ルート

連合軍による、中華民国を援護するルートを、

援蒋ルートといいます。つまりは、輸送路ですね。

レド公路、ともいいます。

名前の由来ですが、

「蒋介石を援助するためのルート」からです。

蒋介石は、中華民国総統です。

これが日本陸軍には、厄介だった。

そこで、日本陸軍で考えられたのが、インパール作戦です。

インパール作戦の目的

インパール作戦とは、

援蒋ルートを遮断しよう、そのためにインパールに侵攻しよう

という作戦だったのです。

インドのインパールに侵攻し、援蒋ルートを遮断すると、

中国国民党は弱体化し、インドを植民地としていたイギリスにも、

ゆさぶりをかけられる、と考えたんですね。



インパールの場所は?

インパールとは、インドの地名です。

場所はインドの東。

出典:http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-948.html

ここが連合軍の拠点でした。

発案者は、牟田口軍司令官

インパール作戦の発案者は、牟田口蓮也。

当時、第15軍司令官に就任した彼は、

どう見ても無謀の作戦で、部下たちにも反対されたにもかかわらず、

インパール作戦を強行しました。

インパール作戦の問題点は何だったのか?

インパール作戦のルートと距離の遠さ

インパール作戦のルートは、

ビルマ → アラカン山岳などのジャングルや山岳地帯 → インドのインパール

です。

この距離が相当遠く、普通踏破できるような距離ではありませんでした。

距離でいえば、400キロほど。

仙台から岐阜にたとえられます。

輸送路の軽視

日本軍は山岳地帯をひたすら歩いていったわけですが、

食料や物資を送ってもらわなければいけません。

しかしイギリス軍に見抜かれ、輸送路が絶たれました。

指揮官の無能さ

インパール作戦は、実は決行される前から、

案自体は挙がっていました。

しかし、山岳地帯を長距離歩かなければいけないため、

無理だと考えられ、何度も作戦がボツになっています。

しかし、戦況が悪化していったために、

牟田口軍司令官は、部下たちが

インパール作戦は無謀だ!

といっていたにもかかわらず、

作戦を強行しました。

インパール作戦を決行して、結果どうなった?

病気の蔓延や食糧不足による餓死で、多数の死者

日本軍の死者は、殆どが

病死 ・・・マラリアやデング熱、赤痢など。

餓死 ・・・食糧不足による

でした。

86000人の兵士のうち、

餓死や病死者40000人、

イギリス軍に攻められ戦死者38000人、

だったようです。

歴史的大敗

インパール作戦により、日本軍は大敗し、

今では無謀な作戦の代名詞となっています。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!