『黒革の手帖』6話あらすじネタバレ感想!

『黒革の手帖』第5話が放送終了しました。

原口元子がルダンを買う資金を集めるのに成功するにつれ

元子に対する恨みや、失敗したときのリスクが増大して

見るのもハラハラしますねー。

私は『黒革の手帖』を見るのはこの

主演・武井咲さんが初めてなので結末が

結構気になっていますw

この記事では以下の2つ、

●『黒革の手帖』6話あらすじネタバレ

●『黒革の手帖』5話までの感想!

について書こうと思います!

スポンサーリンク
Googleadsense広告

『黒革の手帖』6話あらすじネタバレ

手付金を払い、契約書を交わす

ついに最高級クラブルダンを買い取る段階になったため、

手付金5千万を支払い、長谷川庄治(伊東四朗)との契約を

交わした原口元子。

計画に亀裂が走る、、、

長谷川と商談を終え自宅に帰ると、中岡市子(高畑淳子)が現れる。

「楢林謙治(奥田瑛二)から奪った5千万円を返して」

元子はとぼける

「何の話だかさっぱり」

しかし中岡市子は

「あなたが破滅する前にまた来ます」

と言い残し、立ち去る。

順調だった元子の頭上に立ちこめる暗雲

『カルネ』に失脚したはずの村井亨(滝藤賢一)が現れたり、

『梅村』(橋田常雄から奪ったはずの料亭)がどうにかなってしまったり、、、

さらに元子の自宅にも、何者かが侵入してくる。

『黒革の手帖』5話までの感想!

主人公・原口元子がの腹が黒すぎますねー

恨まれてでも成り上がるというか、

そういうストーリーな訳ですが、

いつか刺されそうだなー

と思って見てました。

ホステスになって仲間に引き入れたかのように見えた

島崎すみ江(内藤理沙)も上星ゼミナールとくっつきましたね。

伊藤四郎さん演じる長谷川庄治も、

もし残り3億を払うことができなかったら、

何されるかわかりません。

怖すぎです・・・w

「筋を通さないやつは許さない」

という台詞もありましたしね。。。

ただ今週も武井咲さんが綺麗だったので

よかったです!笑

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!