北朝鮮ミサイルの落下地点はどこ?日本の今後の対応は?【8月29日】

北朝鮮がミサイルを発射しました。

落下地点はどこだったのか?

今後の政府の動向は?

などまとめてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

北朝鮮ミサイル落下地点は?

落下位置ですが、北海道の襟裳岬から、1180kmです。

これがわかりやすいですね。↓

時間の流れ

ミサイル発射後の流れとしては

北朝鮮がミサイル発射 

05:58

Jアラートの音がなる。

「国民を保護する情報」として、対象地域を発表

06:02

ミサイルが日本の上空を通過

06:07

ミサイル落下

06:12

菅官房長官が臨時の記者会見

06:40

日本政府がNSC(=国家安全保障会議)を開く。

07:35頃まで。

今回のミサイル発射から

日本政府の発表はこのような流れでした。

また、PAC3などによる迎撃措置は

今回とられませんでした。

Jアラートの内容は?

国民保護に関する情報として

次のように発表されました。

国民保護に関する情報

【発表時間】
2017年08月29日 6時02分
政府発表
【内容】
ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。

【対象地域】
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
新潟県
長野県

私もかなり地域的には近いほうですが

実際に対象地域の方は

本当に怖い思いをしたでしょう、、、

Jアラートの存在は知っていても

実際にその音で起きると

かなり焦りました。

政府の今後の動向

首相官邸にて、阿部首相への取材では、

「発射直後から北朝鮮ミサイルの動きは完全に把握していた。国民の生命と安全を守る万全な態勢を取っている」

「わが国を飛び越えてミサイルが発射されたのは、これまでにない重大な脅威だ」

まず8月29日午前に、政府は首相官邸で、

国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合

を開き、対応を協議していました。

そして、政府の次の動きとしては、

国連安全保障理事会の緊急会合を開催するよう要請

ということのようですね。

まとめ

あらためて感じたのは

ミサイルからの避難をすることの難しさです。

Jアラートが鳴ってからたった4,5分しか、

時間がありません。

今回は6時台だった訳ですが

これを深夜~早朝にかけて

打たれると、

多くの人が言っているように

朝起きたら死んでたなんてことに

なってしまいますね。。。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!