日野皓正氏のビンタの理由や原因は?中学生とのコンサート中の事件!!

世界的なジャズ・トランペット奏者、日野皓正さんが

コンサート中、男子中学生をビンタしてしまったようです。

何やら不穏な雰囲気ですね。。。

髪を掴んだり、がっつりビンタしてしまってます。

何か理由があったのでしょうか?

この記事では日野皓正氏の

「中学生を往復ビンタ」事件の経緯は?

中学生をビンタした理由や原因は?

などについて調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

事件の経緯

2017年8月20日に、

「世田谷パブリックシアター」という場所で

日野皓正 presents “Jazz for Kids”

というコンサート公演が行われました。

この名前の通り、世田谷区内の中学生を公募で集め

日野皓正さんの指導の下、ジャズコンサートへ向けて

練習を積む、という趣旨の体験学習だったようです。

そして曲が終わり、アンコールの後半。

ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、

ドラムを叩く男の子に歩み寄り、

バチを取り上げ床に投げつけ、

中学生の髪を引っ張り往復ビンタ

してしまいます。

同じコンサート参加者や観客は何が起こったか全くわからなかったようです。

日野皓正氏のビンタの理由や原因は?

動画を見ると日野皓正さんが動き出す前に、

中学生の演奏がすこし先走ってしまっているようにも見受けられます。

それを発見した日野皓正まずバチを取り上げ、

帰ろうとします。

しかし中学生が手でドラムを叩きつけているのに気づき

日野皓正さんがビンタしたという風に見えますね。

Twitterに、実際にコンサートを見ていた方の投稿がありました。

これによるとフィナーレで他の子供たちがソロパートを

順番に演奏していた最中だったようです。

その中でのドラムの子の暴走があったわけですね。

これはやはり、曲どおりの演奏ではなかったでしょうし

日野さんの指導に反した演奏をしてしまったのでしょう。

実際に、バチを取り上げられた後も手でドラムを叩いてますし

日野照正さんを睨み付けたという声もあります。

日野皓正さんは、それを制するために動いた訳ですね。

ただやはり、動画では日野皓正さんの対処は、

やりすぎに見えてしまうので、賛否両論あるでしょう。

同じ参加者や観客も相当びっくりしたようです。

コンサート本番へ向けて、日野皓正さんによる指導は

4ヶ月の期間に渡りました。

この中学生の子と日野さんの関係もまだ不明ですが

これだけの期間練習したのに、大事な本番で異なる動きをされ

ビンタなどをしてしまったのでしょう。

参加者と教育委員会のコメント

「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13541825/

コンサートを主催した世田谷区教育委員会によると

「コンサート終了後、日野氏から、その子どもに話しかけて、子どもも了解していたとの事です。なお、教育委員会からは、今回の件について委託先の『せたがや文化財団』に、(日野氏の)行過ぎた指導についての対応を要望しました」

これを見ると、中学生の子も演奏でやりすぎたと

思っているようですね。

今回の報道では「体罰」や「暴行」と題されていますが

表現的には少し偏っているという印象です。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!