桐生祥秀の練習方法・トレーニングメニューは?スパイク情報も!

2017年9月9日に、日本人初の9秒台を叩き出した

桐生祥秀選手。

めちゃくちゃ早いですね!

桐生選手は昔から足が速かったようですが

どのようなトレーニングを積んだのでしょうか。

この記事では、

桐生祥秀選手の練習方法・トレーニングメニューは?

桐生祥秀選手は、なんのスパイクを使っている?

など調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

桐生祥秀選手の練習方法・トレーニングメニューは?

ここでは桐生祥秀選手の練習方法・トレーニングメニューを

3つご紹介します。

①骨ストレッチ

柔軟性・ストレッチのメニューですが

骨ストレッチをされているようです。

これは松村卓さんという方が提唱している方法で

陸上選手にはよくおすすめされています。

②スピードバウンディング

次に、スピードバウンディングです。

これは、小さなハードルを連続で飛び越えるトレーニングです。

ミニハードルともいいますが、

こういうものですね↓

以下の動画を見てみてください。

この動画は、

桐生 祥秀選手が通っていた

京都の洛南高校の練習風景

を撮影したものです。

桐生選手は、高校3年生のとき織田記念という大会で

日本歴代2位の10秒01というタイムを記録したのですが

確実にこのトレーニングをしていたはずです。

※以前『月刊 陸上競技』という雑誌でも紹介されたことがあります。

上半身のウェイトトレーニング

3つ目は上半身のウエイトトレーニングです。

上半身を鍛えるのは、特に

走っている際のバランスをとるため

だそうです。

めちゃくちゃ筋肉がついてますね笑

桐生祥秀はどのスパイクを使っている?

桐生選手は2017年4月から

アシックスと契約しており、

現在このシューズを使っています。

もちろん市販ではないのですが、、、

桐生の「足裏全体で接地したい」という要望に応え、靴底は従来よりも反りを抑えたフラット構造を採用。素材は前部に反発性、軽量性に優れた合成樹脂、中部から後部にかけてグラスファイバーで強化して剛性を高めた特殊合成樹脂を採用している。前部の外周部分に配置した6本のピンをすべて固定タイプにすることで、軽さを追求。片足の重量が約120グラムとなっている。

引用:https://cyclestyle.net/article/2017/04/22/47557.html

シューズの重さ構造、ピンのタイプなど参考になりますね。

感想

桐生選手は昔から足が速く、

ジェット気流とかけて「ジェット桐生」と

呼ばれるほどだったようです。

日本人にとっての10秒という壁を壊したことで、

日本人でも9秒台が出せる!と思えるようになるので

これまでより日本人は9秒台を出す選手が増えやすくなるでしょう。

これは陸上界への本当に大きな貢献ですね。

まだ21歳ということもあり

陸上選手としてのこれからのキャリアも

非常に楽しみです。

どんどん活躍していって欲しいですね!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!