滝川英治さん脊椎損傷で後遺症は?代役は立てる?

弱虫ペダル2の撮影中、

俳優の滝川英治さんが自転車の事故で

大怪我を負ってしまいました。

9月15日の夜に流れたニュースでは

「怪我」「重体」という風に表現されていましたが

今日16日になって

「脊椎損傷」ということが明らかになりました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

滝川英治さん脊椎損傷で後遺症は大丈夫?

滝川さんが撮影していたのは、

自転車はロードバイクで、ヘルメットをかぶって緩やかな右カーブを走行中、左側の縁石に衝突した。走行中の原付を追い越すというシーンで、時速40キロ前後のスピードが出ていた

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000146-spnannex-ent

このようなシーンです。

そして、下が撮影場所の画像です。

こんな縁石に時速40キロで衝突なんて

恐ろしすぎますね、、、

もちろんヘルメットは着用していたのですが

背中から衝突してしまったのですね。

脊椎は神経が大量に通っているため

脊椎損傷をすると最悪の場合、

運動麻痺が残ったりします。

まだ詳しい容態は発表されていないようですが

何らかの麻痺や運動障害がのこる可能性は

やはり少なからずあるようです。

ドラマの代役は立てる?

「弱虫ペダル2」ですが、

「弱虫ペダル」一期を経て

既にインターハイ進出までしています。

滝川英治さんが演じていたのは、

金髪で太い眉が特徴的な、

箱根学園の主将・福富寿一(ふくとみじゅいち)

というキャラクターでした。

このキャラクターは、

相手チームの主将で、絶対的なエースです。

最後に主人公サイドの主将と競う、

大事なキャラクターなので、

絶対に欠かすことはできません。

もちろんこれまで何度も出てきている

役どころなので、代役を立てれば

不自然になってしまうのは避けられません。

しかし、脊椎損傷となると、

容態が軽く大事にならなかったとしても

十分な演技ができるまで時間が必要ですし

何よりしばらくロードバイクは怖いでしょう。

なので作品としてはお蔵入りの可能性もありますし

放送延期するか代役を立てるしかありませんね。

感想

弱虫ペダルのマンガやアニメは本当に面白いな~

と思うのですが、

実写となると撮影が本当に大変そうですよね。

滝川英治さんが怪我をしてしまった

撮影のシーンでも、

自転車で下り坂を時速40kmで降り

しかもカーブを曲がるなんて

想像しただけでかなり危険とわかります。

ヘルメットなど付けてるとはいえ

もっともっと慎重に撮影してほしかったですね、、、

とにかく滝川英治さんが一刻も早く回復し

俳優として復帰できることを祈ります。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!