コードブルー映画はいつで脚本は誰?

ドラマ『コードブルー3』が終わってしまいましたね~

そして何とラストに、コードブルー映画化が発表されました。

これは見るしかない!

ラストの終わり方も、それぞれの人物の行く末が

気になる終わりでしたからねー。

ということで、

情報がまだまだ出ていないのですが

コードブルー映画の公開日はいつ?

コードブルー映画の脚本は誰?

について調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

コードブルー映画の公開日はいつ?

コードブルー映画の公開日ですが

2018年公開、という情報以外に、

まだまったく流れていないようです。

こちらは判明次第追記していきますm(_ _)m

ただドラマが終了して

あまりに時間を空けてしまうことは

ないと思われるので、

2018年の2月、3月頃には

公開されると予想しています。

コードブルー映画の脚本は誰?

毎シーズン必ず面白いコードブルーですが、

映画の脚本は誰が担当されるのでしょうか。

私としては、

脚本家が誰でも十分面白そう!

絶対見に行きたい!

と思ってしまうのですが

今回のコードブルー3の脚本は、

それほど評判がよくなかったようで、

映画の脚本をシーズン1、シーズン2を担当した

林宏司さんにしてくれ!という声が多いです。(^^;)

確かに、恋愛要素を減らしてくれ!とか

もっと1話毎に話を凝縮してくれ!という方にとっては

脚本家変えて欲しい!と思うのは分かりますね笑

まだ脚本化が誰かは発表されていないようで

確かなことはいえないのですが

個人的には

脚本が林さんに戻る可能性はあまり高くないのでは、

と思っています。

というのも、

今回放送されたコードブルー3は、

コードブルー2nd Seasonから7年も経っていますし

今回公開が発表された映画も、

コードブルー3のストーリーと繋がりがあるからです。

コードブルー3の脚本が安達さんになった時点で、

映画化まで繋げることを見越して

ストーリーを書いているでしょうし

またドラマ・コードブルー3での登場人物の

関係性などはイメージがついてしまった訳なので、

そのストーリーを引き継いでいる映画で脚本家を

変えるのは難しいのでは、、、

と思ってしまいます。

ただ、別の見方をすると

脚本家が変わる可能性も大いにあります。

その理由ですが、

安達奈緒子さん脚本の映画が

それほど多くないことです。

安達奈緒子さんの映画で調べてみると

「ひるなかの流星」

だけが出てくるんですね。

なので、コードブルーの運営サイドが

ドラマと映画の脚本は別!

と考えているなら、脚本家が変わる可能性は

大きいですね。

また、ドラマ視聴者の声はかなり敏感に拾っているでしょうし

脚本家は林さんで!という声がさらに大きくなれば

急遽、変更!

となる可能性はあるかもしれません。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!