北朝鮮戦争秒読み2017年10月!最新だと軍事挑発10月10日・18日が危険!

2017年の夏前後から、ミサイルを立て続けにぶっ放し

ますます危険な国家となっていった北朝鮮ですが、

いよいよ10月に突入してしまいました。

北朝鮮は10月はどのように動いていくのでしょうか。

ニュースでは毎日のように金正恩とトランプ大統領が罵り合ったり

アメリカを中心として経済制裁が強められたり、裏工作が進められたり、、、

北朝鮮、およびアメリカを中心として既に攻防が始まっている、といえます。

直近では10月10日あたりで北朝鮮が軍事挑発を起こすのではないか

といわれていますね。

北朝鮮と、アメリカや日本・その他の国の戦争は

秒読みといってもけっして過言ではありません。

この記事では

■北朝鮮とアメリカが戦争秒読みの理由

■北朝鮮の10月の動きとは?やはり何かが起こる?

■10月18日に、中国共産党大会について!

などについて簡単に調べてまとめてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

北朝鮮とアメリカの戦争秒読み?2017年10月までの流れ!

■ますます強まる経済制裁

先日、国連でかなり強度の経済制裁が敢行決定しました。

しかし、ロシアなど裏で北朝鮮を支援しているのでは、

と思われる国があったり。

韓国が人道支援と称し、北朝鮮にお金を流してしまったり。

まだ北朝鮮には経済的な余力がありそうです。

■トランプ大統領の”完全破壊”発言。

トランプ大統領の国連での演説内で、北朝鮮がこのまま進めば

完全破壊という選択肢しかない、という発言がありました。

これを受け、さらに北朝鮮とアメリカの言い合いが始まり、、

■中国の動きは?

実際問題、アメリカだけで北朝鮮を止められるわけではなく

中国がどうするかどうかが鍵ですね。10月18日に行われる、

中国共産党大会(正式名称は中国共産党全国代表大会)での

動きはかなり重要と思われます。

■阿部首相の憲法9条改正に乗り出した。

阿部首相は、北朝鮮に対する対抗の術を持つため

憲法9条に自衛隊の存在を明記したいという思惑で

改正に乗り出しています。

北朝鮮は10月にも何かを起こす?

いつ何をしでかすか分からない、危険な状態の北朝鮮ですが、

やはり一番心配なのがミサイル問題です。

9月の下旬あたりから、北朝鮮が太平洋上で

水爆実験を行うのではないか、という可能性が持ち上がってきました。

10月10日、あるいは10月18日に、軍事挑発の危険性

特に、直近で気をつけたほうがいいと思われる日程が、

10月10日ですね。

この日は北朝鮮の暦・カレンダーでは、朝鮮労働党創建記念日ですね。

北朝鮮の政党の朝鮮労働党が1945年に創立した日

という特別な祝日です。

いわば現在の北朝鮮を指揮している執行政権の誕生日のようなものです。

これまで北朝鮮は、例外はあるもののある程度、自国のカレンダー上の

祝日・記念日などはかなり重視してきました。

なので、ミサイルの発射・水爆実験などの軍事挑発が行われる可能性は

非常に高いですね。

これについてはこちらでも記事にしております。

北朝鮮の水爆実験はいつで太平洋上のどこか調査!日程は10月10日か?

そして、もうひとつ可能性が高いといわれているのが

日付としては10月18日です。

この日は中国共産党大会が開幕します。

この中国共産党大会というのは、中国においては

5年に1度のビッグイベントですね。

国際的にも非常に大きな意味がある大会です。

この党大会は、10月18日から北京の人民大会堂で開かれるのですが

中国の首都・地方含め政治に関わる2300人もの人間が出席します

そして、

■党規約の改正などの重要事項が決定

■「中央委員」が200人ほど選出。

※最高指導部である「政治局常務委員」などを選ぶ権限がある、

というような国の超重要事項が決定されます。

つまり、最高指導部のメンバーが決まるわけなので、イコール

中国の方向性を決めるイベントということになります。

中国はいったいどこへ向かうのか、それにより北朝鮮も大きく影響を受けますし

注意深く見守っていきたいですね。

記事まとめ・感想!

改めてまとめますと

■北朝鮮の戦争秒読みの理由は、いろいろ!

■10月10日、10月18日あたりに北朝鮮の軍事挑発が起きる可能性が高い!

■中国はどこへ向かうのか!

という感じになります。

とにかくミサイルだけは打たないで欲しいですね。

Jアラートも聞きたくありません、、、

世界が平和のほうへ向かうことを祈りたいと思います!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

北朝鮮・ミサイル問題については、こちらでまとめて記事にしておりますので

こちらからお読みください。

→ 北朝鮮・ミサイル問題をまとめて特集!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!