デイアフタートゥモロー吹き替えキャスト声優&あらすじ!感想や見どころも!

毎週かなり楽しみな金曜ロードショーですが、9月29日は、

『デイアフタートゥモロー』が放送されました。

デイアフタートゥもローはけっこうリアルな

気候変動・異常気象をテーマにした作品です。

特に序盤のほうなどは自然の猛威の凄まじさを感じます。

単なるフィクションとして見られればよいのですが

決して起こりえないことではないですし

ただカタルシスを得るだけの映画とは見られません。。。

また、異常気象だけでなく、主人公のジャックとサム親子を中心とした

人間ドラマの要素もあり、最後まで飽きさせない展開になってますね。

というわけで、この記事では

■『デイアフタートゥモロー』脚本・監督!

■『デイアフタートゥモロー』吹き替えキャストは?

■『デイアフタートゥモロー』のあらすじは?簡単に解説!

■『デイアフタートゥモロー』の感想!

などの内容をまとめてみました!

スポンサーリンク
Googleadsense広告

『デイアフタートゥモロー』脚本・監督!

『デイアフタートゥモロー』は

ローランド・エメリッヒさんが監督・脚本です。

『インデペンデンス・デイ』などでも知られる方ですね。

デイアフタートゥモロー吹き替えキャストは?

それではキャストや吹き替えされている方を簡単に見ていきたいと思います。

キャスト

<ジャック・ホール> デニス・クエイド(江原正士)

<サム・ホール> ジェイク・ギレンホール(野島健児)

<ローラ・チャップマン> エミー・ロッサム(坂本真綾)

<ジェイソン・エヴァンス> ダッシュ・ミホーク(山野井仁)

<フランク・ハリス> ジェイ・O.サンダース(宝亀克寿)

<ルーシー・ホール医師> セラ・ウォード(野沢由香里)

<J.D.> オースティン・ニコルズ(渋谷茂)

<ブライアン・パークス> アージェイ・スミス(勝杏里)

<ジャネット・タカダ> タムリン・トミタ(藤本喜久子)

<パーカー> サーシャ・ロイス(加瀬康之)

<テリー・ラプソン> イアン・ホルム(矢田耕司)

<ベッカー副大統領> ケネス・ウェルシュ(糸博)

<ゴメス> ネスター・セラーノ(津田英三)

<ブレイク大統領> ペリー・キング(谷口節)

出典:https://kinro.jointv.jp/lineup/20171013

主人公はデニス・クエイド演じる父ジャックと、

ジェイク・ギレンホール演じる息子のサム

親子ですね。江原さん、野島さんが吹き替えですね。

息子サムの同級生でヒロイン的なローラは、エミー・ロッサムさんが演じます。

個人的に遠目で見ると、若干森泉さんに似ているような気がします。

『デイアフタートゥモロー』のあらすじは?

デイアフタートゥモローは、ご存知の通り「異常気象」をテーマにした映画です。

以下であらすじを簡単にご紹介します。

気候学者ジャックが、危機の兆候を発見。温暖化会議で訴える

主人公の気候学者・ジャックは、古代の天候を研究しています。

南極での調査に出かけ、海水温度が以上に上昇し、

棚氷を溶かすまでになっていることに気が付きます。

ジャックは

「このままでは、海流の急激な変化により、地球規模の恐ろしい異常気象の危機

が地球に恐ろしい危機が訪れるかもしれない…。」

と考え、地球温暖化国連会議で考えを訴えます。

しかし、同席しているベッカー大統領という経済至上主義者は

取り付くしまもなく一蹴されてしまいます。

異常気象による甚大な被害が発生

しかし、まさに同じときにハワイに巨大台風が襲来します。

そして、それだけでなく巨大なヒョウが降り注ぎ、各地に甚大な被害が発生します。

そして、主人公で気候学者のジャックの研究に、理解・興味を示していた

ラプソン教授(スコットランド気象観測センター)が、

北海の海水温が急激に低下しているのを発見し、ジャックにデータを送ります。

氷河期が、北半球を覆いつくす!

そして、ジャックがデータを分析してみると、なんと

1万年前の氷河期直前の気象変化パターンと似ていることに気付く。

ジャックは慌てて上司に無理やり許可を取り、

今後の天候の変化についてシミュレーションを続けると

データは過去最大級の異常気象が数週間で北半球を覆いつくす

ということを示していました。

交通が遮断され、更なる危機が訪れる

一方で、主人公ジャックの息子・サムは、

同級生のローラたちと共に、高校生クイズ大会に出場すべく

ニューヨークを訪れていました。

危機に気づいたジャックは、すぐに自宅に帰るよういいますが、

既に異常気象が街を覆いはじめ、大気の乱れの影響により

全米の空港が次々封鎖されてしまいます。

サムはNYにとどまることになりますが、翌日、さらなる危機が!!

記事まとめ・感想!

簡単にですが

■監督・脚本~出演者、吹き替えキャスト

■『デイアフタートゥモロー』のあらすじ

についてまとめてみました。

予断ですが日本やアメリカでも、

2017年の9月は、かなり大変な気象の荒れようでした。

アメリカではすさまじい威力でレベル4のハリケーンが上陸したり

日本では毎週のように異常気象・記録的大雨により河川の氾濫があったり

冠水被害があったりと、悲惨な状況が続いていたので

この『デイアフタートゥモロー』のような映画を見てみると

「異常気象」というものが決して他人事ではなく、現在進行形で起こっているため、

普通のフィクションよりも、一層リアルな恐怖心が掻き立てられます。

氷河期は絶対に御免ですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

他にも、金曜ロードショーでは『ピクセル』や『バトルシップ』などの

吹き替えキャスト&あらすじ&感想などの記事があります。

→ ピクセルの吹き替えがひどい?キャストと評価は?あらすじも少しネタバレ!

→ バトルシップの吹き替え声優(キャスト)は?あらすじも少しネタバレ!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!