伊藤万理華の卒業理由は何でいつ卒業?進路はモデルやアーティスト?

乃木坂46の人気メンバーの伊藤まりかさんが

何と年内に乃木坂グループを卒業してしまうというニュースがありました。

これは悲しすぎる!!

個人的にはかなり応援していたメンバーなので

もう少しいて欲しかったなーと思うのですが

残念ですね。(^^;)

という訳でこの記事では

伊藤万理華さんの卒業理由と日にちについて

調べてみました!

スポンサーリンク
Googleadsense広告

伊藤万理華さんのブログでのコメント!

私、伊藤万理華はこの個展を機に
乃木坂46を卒業することに決めました。
グループに属している人間である以上、
卒業というのはいつかは決めないと
いけない事だというのは
ずっと頭にありました。
その中で、今回の脳内博覧会は
私の全てを伝え切る事のできる最高の場。
ここで卒業するのが私らしい決断だと
思ったのです。
こういうかたちで
自分を発信する機会なんて
今後なかなかないです。
脳内博覧会を通して、
自分のやりたいことを
改めてじっくり考えようと思います。
応援してくださってるファンの皆様、
こんなかたちで発表してしまって
申し訳ないです。
まだまだこれから!
と声をかけてくださった方々を
裏切るかたちになってしまっているのかな、、
そういう不安は拭いきれないけど、
最後まで私なりに何かを返せるように
努力を続けたいです。
乃木坂46としての活動は年内で終わります。
残り少なく感じますが、
メンバーとしてめいっぱい楽しみます!
どうか最後まで
応援よろしくお願い致します。
引用:http://blog.nogizaka46.com/marika.ito/

伊藤万理華さんの卒業理由は?

伊藤まりかさんは、アンダーの時期が長かったり

人気のメンバーの割りに、福神になかなか選ばれなかったりと、

乃木坂の層が厚かったからか、不遇の時期も長いメンバーでした

しかしながら最近では、ドラマ出演が決まったり、

乃木坂メンバーの個人PVでの再生回数がTOPだったりと

個人での活躍が目覚しいです。

そして最大の個人イベントとしては、10月5日から15日まで

『伊藤まりかの脳内博覧会』というものが企画されました。

これは自分の考えていること、表現したいことを何でも

発信できる場ですから、

これは伊藤まりかさんのなかでは最大の発信できる場だったわけで

乃木坂のメンバーとしての個人としては、

ある意味すべて出し切った感があるのでしょう。

これほど個人での発信力がついたということですが

そのために伊藤まりかさんの中でまた

あらためて乃木坂グループから離れたときの

今後の身の振り方についてじっくり考える機会が欲しい

と思ったのでしょう。

伊藤まりかさんの、脳内博覧会についてのコメントとしては

「今回の脳内博覧会は私の全てを伝え切る事のできる最高の場。ここで卒業するのが私らしい決断だと思ったのです。こういうかたちで自分を発信する機会なんて今後なかなかないです。脳内博覧会を通して、自分のやりたいことを改めてじっくり考えようと思います」

ということのようです。

確かに、伊藤まりかさんはほかのメンバーとも少し活躍の仕方が異なり

アイドルだけでなく芸術家・アーティスト路線が強いのかな、

という印象でした。

伊藤万理華さんの卒業日にちについて

伊藤まりかさんの卒業ですが年内にということは予定しているものの

具体的な日にちはまだ決定していないようですね。

卒業後の進路はなに?

伊藤まりかさんの乃木坂グループ卒業の進路が気になりますねー

ファッションセンスがあり得意分野ということもあり

モデルなどもされるかもしれませんし

今回の脳内博覧会のように自分で発表の場を設けて

アーティスト的に活躍されていくのかもしれませんね。

おすすめのPV

個人的におすすめのPVをのせときます。

とにかくめちゃくちゃ可愛いですし、PVの再生数がやばいですね。

一位を取ってしまうのも納得の出来です。

こちらは、走れBicycleのボイパです。

記事まとめ・感想!

グループ卒業はとても寂しいですが

伊藤まりかさんは乃木坂1期生のメンバーなので

すでに乃木坂結成から7年目ぐらいになりますし

卒業してからどうしよう、

ということは普段から当然考えていたのでしょうね。

ファンの目線や、外の人から見ての7年よりも、

ずっと長く感じるのでしょうねー。

卒業は本当に正直悲しすぎますが、本人からすると

同じグループにずーーっといることだけでなく

個人としての活躍が進路も大切ですよね。

伊藤まりかさんは個人としてもとても活躍が期待されますし

卒業しても応援していきたいと思います!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!