小林旭のバイキング炎上理由と差別内容がやばい!キチガイ発言で謝罪!

日本の有名な大物歌手・俳優である小林旭さんが

10月5日にバイキングに生放送で出演しました。

番組の中で、先日起きたラスベガス銃乱射事件のテーマに触れたのですが

そのときの小林旭さんの発言がひどすぎると話題になっています。

どうやら、

放送禁止用語・障害者の差別を助長する発言

を生放送でしてしまったようなのですね。

バイキングを見ていない人もいると思うので

この記事では、

■小林旭さんのバイキングでの差別的な発言内容とは?

について、簡単に調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

小林旭さんのバイキングでの差別的な発言内容とは?

今回の小林旭さんが批判を受け、炎上しているのは、

■放送禁止用語

■障害者の差別を助長する発言

をしてしまったからのようです。

番組内で坂上忍さんから話を振られると、しょっぱな

ラスベガスで起きた銃乱射事件について、

小林旭「無抵抗の人間を狙ってする奴はバカか、キ○ガイ」

といってしまいます。

キチガイなどの言葉は、身体障害者に対する差別用語ですし

完全に言ってはまずいですねー。

ラスベガス銃乱射事件の犯人、

スティーヴンパドックが銃マニアだったというところから、

「犯人は狩りをするのと同じ感覚だったんだ」

といいつつ、ご自身が俳優をされていたときの撮影話を

はじめるのですが、その発言がまたやばいです。

「昔撮影で実弾を撃っていた」

「銃を持つと動くものを打ちたくなる」

「止まっているものだけを打つのはつまらなくなる」

「銃刀法で警視庁からお呼びがかかって調べられた、隅田川に銃を捨てたって言ってた」

問題発言だらけでしたねー。

小林旭さんの話の遮り方もなんだか異様というか、他の人と

場を共有できていない感じがしますね。

途中途中でデーブスペクターさんなどほかの出演者の発言を

ガッツリ遮ってます。

そして事件に対しては、最終的に警察の警護・対応に話が及び

「これだけバカがはびこった世の中になると、生半可な警備じゃできない」

「警察はあまちゃんばっかり、親方日の丸で太ってるおまわりばっかりじゃな

い、もっと痩せて鍛えて敏捷に動くようなのが出てこないと」

などといい始めてしまいます。

最終的に、榎並大二郎アナウンサーが、CMの前後で

「一部不適切な表現がございまして、精神状況については今のところ分かりま

せんけども、引き続きバイキングを続けさせていただきます」

「先ほどの議論の中で精神障害の方に対する差別を助長する発言がございまし

た。お詫びして取り消させていただきます。大変、申し訳ありませんでした」

と謝罪・収拾させられることになります。

小林旭ヤバイの声多数

今回のバイキングを見た人は大半が

■小林旭は生放送でちゃだめだな・・・

■榎並アナウンサーがかわいそう!

と思ったようですね。

確かにそうですねー

こういう問題は小林旭さんが大物だろうと

過去の活躍などがどうであろうと関係なくだめですね。

記事まとめ・感想!

という訳で

■小林旭がバイキングでいきなりキチガイ発言!

■その他にもいろいろ発言に問題あり!

■最後は榎並大二郎アナウンサーが釈明させられてしまう事態に。

という感じです。

なんだか一人だけ空気感が異様でしたし、

自分の発言で何が問題かわかっていない、気づいていない様子でしたね。

尻拭いをさせられてしまった榎並アナウンサーがかわいそうでした。

また、今回バイキングでトピックになっていた

ラスベガス銃乱射事件についてはこちらからお読みください!

→ スティーヴンパドックの画像・犯行動機は?ラスベガス銃撃の原因とは。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!