競泳インカレでドーピング!サプリメントの名前はアナバイト?

2017年の9月に、競泳のインカレ(日本学生選手権)で

ドーピング検査を実施したところ、

どうやら競泳で自由形短距離の男子選手が、

禁止物質に陽性反応を示してしまったようです。

まだ完全に違反が認められたわけではないですが、

もしも認められれば、競泳の日本の選手としては、

初めての事例になってしまうようです。

しかしニュースでは、禁止物質が検出された

サプリメントの名称が明記されていませんでした。

この記事では、

ドーピング検査に引っかかったのは恐らくこれ!

と思われるサプリメントを紹介します。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

競泳インカレでドーピングになったサプリメントの名前はアナバイト!

今回ドーピング検査に引っかかってしまったのは、

アナバイト

というサプリメントだと思われます。

こういうやつですね。↓

※ただの画像です。

これはAmazonなどでも用意に入手可能な

海外製のマルチビタミンのサプリメントなのですが、

これで引っかかってしまったようです。

yahooのニュース記事には、

このサプリメントでは、昨年の国民体育大会で自転車競技に出場した男子選手が陽性となった事例がある。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00000186-jij-spo

という記述があったのですが、

この記事の通り、昨年の国民体育退会における自転車競技で、

ドーピング検査で陽性反応を出してしまった男子選手が

摂取していたのが、このアナバイトというやつでした。

この選手はもちろんドーピングをするつもりなど全くなかったので

不服申し立てをし、処分期間が短縮されるなどの経緯がありました。

記事まとめ・感想!

記事を改めてまとめますと

■競泳インカレでドーピング!サプリメントの名前はアナバイト

■海外サプリメントは良質なものもあるがドーピングに引っかかる恐れがある

という感じですね。

海外製のサプリメントに限らないと思いますが、

ドーピング検査で怖いな、と思うのは

スポーツ選手が禁止物質の知識を持っていたとしても、

その禁止物質が、服用しているサプリメントの

パッケージの成分表示には表記されていなかったにもかかわらず、

コンタミネーションで摂取してしまうケースですね。

先ほどの自転車競技での事例では、パッケージを見ると

本来入っているはずのない物質でドーピング検査に

引っかかってしまっていたんですね。

これはなかなか恐ろしいです。

サプリメントというと確かに外国製を

手に取にとってみたくなりますが、

スポーツ選手として活躍されている場合は特に、

注意しなければ資格の剥奪や出場停止処分のような、

思わぬ事態に発展してしまう可能性があるため、

ドーピング検査が行われるような大きな大会があろうと

なかろうと、気をつけたいところですね。

ただ何度かこういうニュースがあるうちに

さまざまなスポーツ種目にドーピングの知識や

ドーピング検査に引っかかる恐れのあるサプリのようなものは

名前が広がるでしょうし、知らずに服用してしまう、ということは

少なくなるといいですね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!