セバスティアンクルツ党首の経歴やイケメン画像!プロフや支持率がすごい!

オーストリアで新しく首相となったセバスティアン・クルツ党首。

なんと現在31歳で、ヨーロッパでは史上最年少のリーダーとなったようです。

セバスティアン・クルツ氏はオーストリア国民党の党首でしたが

先日の選挙の結果により、国民党が勝利。

ヨーロッパ最年少の首相になってしまいました。

31歳というのはすごいですね。

この記事では

セバスティアン・クルツ党首のプロフィール&画像!

セバスティアン・クルツ党首の経歴

セバスティアン・クルツ党首がリーダーになった経緯

について簡単に調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

セバスティアン・クルツ首相のプロフィール&画像!

出典:wikipedia

名前  :セバスティアン・クルツ(Sebastian Kurz)

生年月日:1986年8月27日

国籍  :オーストリア

出身  :ウイーン

学歴  :ウィーン大学法学部(在学中)

セバスティアン・クルツ首相の経歴

兵役も

■2004年~2005年

2004年~2005年にかけては、陸軍にて兵役に就いてます。

その後ウィーン大学法学部に入学しています。

オーストリア青年国民党

■2003年

2003年からオーストリア青年国民党に参加してます。

このときセバスティアン・クルツ氏は、18歳くらい。

■2008年から2012年までそのウィーン支部長を務め

■2009年、青年国民党の党首に。支持率は99%に達し、総裁に選出されます。

■2012年にはほぼ100%の支持を得て再選されます。

■2010年から2011年まで

ウィーン州議会の議員だった。

そして、内閣改造で内務省に新設された移民統合事務局局長に抜擢される

→移民統合事務局局長へ。

■2013年

第二次ファイマン内閣に。

そして、国民議会の議員を歴任した。

■2015年

オーストリア国民党アカデミーの議長を務める。

■2016年

ケルン内閣のオーストリア社会民主党とオーストリア国民党の連立内閣で

連邦欧州国際問題大臣(外務大臣に相当)を務めている。

■2017年

2017年度の欧州安全保障協力機構議長も務めている。

■同年6月1日にオーストリア国民党の党首に就任した。

セバスティアン・クルツ党首が首相になった経緯

2017年10月の議会選挙で国民党が勝利。

2017年10月15日の議会選挙の結果、

クルツ氏がリーダーを務める国民党が第一党に。

そして、右派の自由党が第二党になります。

ここで両党連立になりましたが、国民党党首のクルツ氏は最年少の首相に。

記事まとめ・感想

あらためてまとめると

■セバスティアン・クルツ氏はまだ31歳

■しかし政治暦は長く、経験豊富

という感じです。

経歴を見ると、とにかく支持率・得票率などが

非常に高いですね。

国民党党首になったときなどの

支持率・得票率はほぼ100パーセントに近く

2017年5月の党首選では、98.7パーセントで

党首になっています。

若いだけでなく人望の厚さ・応援者の多さも伺えますね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!