陸王第5話あらすじネタバレ&感想!新シューズ足軽大将が登場!

陸王第4話まで放送されましたね。

怪我してしまいましたがラストスパートで

茂木選手が追い上げててイケメンすぎましたな

あとラストスパートでJupiterが流れますが

あまりあっていないような気もします笑

この記事では、

・陸王第5話のあらすじ!

・陸王で話題のランニング足袋

について調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

陸王第5話あらすじネタバレ!

「陸王」の開発資金がかさみ、このままだと足袋の利益を侵食してしまう。「あと数か月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある…」と、銀行から最後通告ともとれるような言われ方をしてしまった宮沢(役所広司)。
当面の資金繰りに頭を悩ましていた宮沢だが、ある日、大地(山﨑賢人)と茜(上白石萌音)の何気ない会話から、新製品の開発を思いつく。それは、陸王のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった。
ほどなく、製品化に成功し「足軽大将」と名付けられた地下足袋は、大きな反響を得て瞬く間にヒット商品へと成長。これで資金繰りにも明るい兆しが見えたと、陸王開発を新たに心に決める宮沢だった。しかし、そんなときシルクレイの製造に暗雲が…。
一方、陸王を履き復帰へ向けて練習に励む茂木(竹内涼真)のもとにアトランティス社の佐山(小籔千豊)が訪ねてくると、また新しいRⅡを提供したいと持ちかける。一方的にスポンサードを切られアトランティスに不信感を抱く茂木は、その誘いを拒絶するのだが、佐山にあることを聞かされ……。

引用:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/story/

シューフィッター村野を味方にしたこはぜ屋と茂木選手が

タッグを組むことになりましたが、

第5話では、こはぜ屋のシューズがヒットすることで

開発資金が膨れたりと経営面での問題も出てきます。

またこれまで以上にアトランティスとの対決が始まっていきそうです。

また、こはぜ屋では、新たに足軽大将という地下足袋が開発されていきます。

陸王で話題のランニング足袋!

余談ですがこちらが陸王で話題のランニング足袋です。

ドラマを見ていると足袋系のシューズは履いてみたくなりますね笑

陸王これまでの感想!

アトランティスのシューフィッターである村野尊彦が

ついにこはぜ屋で一緒に仕事することになりましたね。

スポーツショップの店長が有能すぎでしたw

ヘッドハンティングに成功したようなものですが

こはぜ屋は給料を払えるのか心配ですが笑

陸王第4話ラストでついにこはぜ屋が茂木選手のサポートをすることに。

陸王のストーリー的に、前半第4話までで前半部分が終わった感じらしいですね。

これからさらに池井戸さんらしいストーリーが続きそうですし来週も楽しみですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!