白鵬が黒幕で八百長疑惑の真相!貴ノ岩はモンゴル入会拒否で集団リンチされた?

テレビで連日、日馬富士による貴ノ岩への暴行が取り上げられています。

もう相撲関係のトピックはお腹いっぱいな感じですが、

今回の事件は、すでに日馬富士が貴ノ岩へ暴行したという単純な事実から、

相撲協会や貴乃花やモンゴル会など、相撲界の構図の全体像をも

浮き上がらせており、相撲界全体を激震させているようです。

特に個人的に注目しているのは、今回の暴行が、

モンゴル会によるものだった、という説ですね。

この記事では、

貴ノ岩はモンゴル会への入会を拒否して、集団リンチを受けた?

白鵬が黒幕で八百長疑惑の真相は?

について調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

貴ノ岩はモンゴル会への入会を拒否して、集団リンチを受けた?

国民に届くどのニュースもバイアスがかかって

定かじゃないわけですが、今回の事件で今一番注目されているのが、

モンゴル力士達による八百長です。

こちらはサンスポのニュースですが

 協会は30日、理事会の中で、横綱白鵬らモンゴル出身力士の間で八百長行為が横行しているとの記事を掲載した12月7日号の「週刊新潮」に対し、抗議文書を送ることを決めた。尾車事業部長(元大関琴風、60)は「協会の名誉にかかわること」と理由を説明した。

理事会ではモンゴル出身力士による生活互助会の実態についても報告。モンゴル出身力士は例外なく参加しており、会費を集め、けがをした力士の見舞金の費用などに充てており、生活互助が目的で、単なる食事会ではないとされた。

12月7日に発売される週刊新潮では、

横綱白鵬を含むモンゴル出身力士の間で八百長行為が横行している

との内容の記事が掲載されるようだったのですが、

これに対して、相撲協会が抗議文を送ったようですね。

もともと暴行があった酒の席というのは、

モンゴル人力士達による宴会だったようですが、

このモンゴル会なるものの中で、相撲で八百長をして

星のやり取りを可能にしていた、と疑われているようですね。

そして、そもそも貴ノ岩がこのモンゴル会に呼ばれたのが、

このモンゴル会への入会を拒否していたこと、

という可能性が高いようですね。

そして、酒の席で白鵬が説教していたときに、

貴ノ岩が携帯をいじった、もしくは「この八百長野郎!」と

悪態をついたことが、日馬富士が貴ノ岩を殴ったきっかけだった

と考えられているようですね。

もちろんまだまだ本当のところはわかりませんが・・・

白鵬が黒幕で八百長疑惑の真相は?

日馬富士の暴行から始まった今回の一連の騒動ですが、

次の展開として一番予想されるのが、当然ながら

白鵬に対する八百長疑惑による大バッシングです。

かねてより相撲では八百長と

切り離せないイメージがありましたが

貴ノ岩が暴行された酒の席というのが、

モンゴル力士たちによる八百長を常態化していた会の集まりだった

と立証された場合、

当然トップに君臨している横綱・白鵬が黒幕だった

といわれることになるでしょう。

記事まとめ・感想!

あらためてまとめると、

■貴ノ岩が宴会に呼ばれたのは、そもそもモンゴル会への入会を拒否していたかららしい!

■貴ノ岩が暴行されたのは、横綱・白鵬の説教中にスマホをいじったかららしい!

■今回の暴行の原因は、横綱・白鵬が黒幕だとなる可能性は高い!

という感じです。

これが本当だと立証されたら

相撲界はかなり激震が走りますね。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!