ゼノブレイド2あらすじネタバレ!ストーリーの感想や評価はどう?

ニンテンドーから12月1日に『ゼノブレイド2』が発売されました。

『スーパーマリオオデッセイ』といい神ゲーが続いてますね。

さっそく少しずつプレイしつつ、

あらすじを簡単にまとめていきたいと思います。

この記事では、

●ゼノブレイド2のCM!

●ゼノブレイド2のあらすじネタバレ

●ゼノブレイド2のストーリー&ゲーム感想!

についてまとめてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

ゼノブレイド2のCM(ストーリー編)

こちらがCMですね。

※以下ネタバレありなので注意!

ゼノブレイド2あらすじ&ストーリーネタバレ!

天空にそびえ立つ「世界樹」を中心に広がる雲海の世界「アルスト」。かつて人々はアルストができる遥か昔、世界樹の上に住む創生の「神」と共に暮らしていたという。人は昼夜や天候を自在に制御できるその理想郷を「楽園」と呼んでいた。
だがある日、人は楽園を追われアルストに移り住む。やがて人が滅亡の危機に陥ったとき、神は自らの僕「巨神獣(アルス)」を遣わし、人はアルスと共に生きるようになった。だが、アルスは寿命を迎え死が近づきつつあった。

引用:wikipedia

アルスには寿命があり、いつかは死に落ちていきます。

 

ホムラとの出会いまで

主人公レックスは、アルストに浮かぶアルスのじっちゃん(巨神獣)の背中に住み

生活のため物資をサルベージして生活している。

ある日偉い人から沈没船のから物資をサルベージする依頼を受け、

そこで「天の聖杯」と呼ばれるブレイドである、ホムラを発見。(赤い髪のやつ)

しかし、これがアブナイ依頼で、ホムラを発見直後、

秘密結社「イーラ」の首魁シンによって殺されてしまう。

※シンは白い髪の男

で、ホムラから命を半分もらって、レックスは生き返り

イーラのやつらから逃げ延びます。

※ホムラの胸のコアクリスタルに触れ、レックスは生き返った。

※秘密結社イーラは、コアクリスタルを集めるのが目的

因みにホムラは人間ではなく、ブレイドという亜種生命体。

人間や動物の形をしながら、武器でもある生命体のようなもの。

レックスはホムラとセットで力を発揮する、ドライバーになる。

※ほむらは特殊だが、ドライバーがコアクリスタルに触れる→ブレイドが生まれる。

ホムラはレックスに、自分達の故郷である、

「楽園に連れて行って」

といい、レックスは承諾する。

じっちゃん死亡、からの小型化&ニアたちと再会

イーラのシンやメツなどから逃げるとき、じっちゃんが飛んできて、

レックスたちを助けてくれたが、そのときに受けた敵からの砲弾で、

死んでしまうが、エネルギーをうまく操作して、小さくなって生き延びます。

あと、イーラ側だったにもかかわらず、レックスたちが逃げるとき助けてくれた

ニアとビャッコが、逃げ延びた先で再会

グーラ領の街トリゴ

ニアの故郷であるトリゴという街で泊まろうとしたところ、

レックスたちは秘密結社「イーラ」の仲間と思われ、攻撃される。

相手はスペルビア帝国最強のブレイドである「カグツチ」。

ニアとビャッコは捕らえられる。レックスとホムラは一時退却し

ニア達を救出しに行く。

※因みに、ホムラは最強のブレイド「天の聖杯」と呼ばれるが、

まだストーリーの序盤だからか、どういうバックボーンなのか

聞かれても中々口を開かず秘密にしている。

また、ブレイドには火や水やその他の属性があり、ホムラは「光」らしい

そして、

カグツチのドライバーメレフ(スペルビア帝国の執行官)が帰ってくる。

ノポン族のトラが仲間になる。トラもともとドライバーに憧れていたため

代々作ってた人口ブレイド(ハナ)を完成させ、戦いに参加する。

無事ニアたちを救出し、メレフ&カグツチと対決。

何とか相手を倒すことができた。

この辺りのムービーのクオリティがすごい。

グーラから船で移動→世界樹へ

その後、ノポン族トラの祖父の仲間である、ウモンという船大工のとこで、

船を借りることになる。そして、楽園へ行くために、世界樹へ向かう。

雲海をわたっている途中、サーペントと遭遇し、逃げようとしたところで

インヴィディアのアルス(超でかい)に食われる。

巨神獣インヴィディアの中で

飲み込まれた中で、ヴァンダムという傭兵家業をしているおっさんに会う

ドライバーとして未熟なレックスに、いろいろ教えてくれる。

※更新中!続きは少々お待ちください

こちらの記事もどうぞ!

→ ドラクエ11 ストーリー(ネタバレ)あらすじ感想!!

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!