2019年5月1日は何の日?祝日法での名前・呼び方は「改元記念日」?

現在の天皇陛下が、2019年4月30日に退位されますね。

そして、同時に皇太子さまが即位されるのですが、

政府は改元が行われる2019年5月1日は、

臨時の休日か、祝日とするようです。

祝日法での決まりにより、前後の平日も休日にできるようですが、

2019年の5月1日は何の日になるのか?気になりますね。

さらに、2019年5月1日が祝日になると、

まさかの10連休が生じます。

という訳で、この記事では、

■2019年5月1日は何の日になる??

■2019年4月27日~5月6日まで、10連休になる!

について調べてみました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告

2019年5月1日は何の日になる??

2019年5月1日に皇太子さまが即位される訳ですが、

何の日になるのでしょうか。

調べてみたところ、どうやら「改元記念日」

と呼ぶことになるようです。

しかし、これは臨時のもので、

2019年のみの祝日になると思われます。

しかし、そうなるとす2019年には、すごいことが起こる!

と話題になってます。

2019年4月27日~5月6日までの10連休になる!

こちらが、2019年5月1日が祝日になった場合の

カレンダーになります。

カレンダーを見ると、

まず、祝日法での決まりで、

「前日及び翌日が祝日である日は休日とする」

というのがあるので、

2019年5月1日が祝日になると、

2019年4月30日と5月2日が休日になります。

それにより、

4月29日の昭和の日と、5月3日の憲法記念日の間が埋まります。

さらに、

4月27・28日が土日です。

そして

5月4日はみどりの日

5月5日はこどもの日

5月6日は振り替え休日。

という訳で、落ち着いて数えてみると、

4月27日から5月6日までの10連休となります。

これはすごい!

政府が2019年の5月1日を休みにする理由

そもそも2019年5月1日は新天皇が即位される

めでたい日になりそうなわけですが、

政府の考えとしては、即位日である5月1日を休みにすると、

改元による混乱を避けられるとの見通しがあるそう。

政府は、2019年の即位日(5月1日)が休みになれば、新天皇の即位を国民あげて祝えるだけでなく、改元による国民生活への影響を抑えられるとみている。官民の業務量が少ない休みに改元すれば、元号を使ったコンピューターシステムの変更などによる混乱も避けられる見通しだ。

引用:yahooニュース(讀賣新聞)

記事まとめ・感想!

あらためてまとめると、

■2019年5月1日は、「改元記念日」として祝日になりそう!

■2019年5月1日が祝日になると、2019年の4月27日~5月6日まで10連休になる!

という感じです。

それにしても、

10連休のような大型連休が誕生すると、

会社が休みになり、仕事を休むことができる人、

会社が休みにならず、むしろ仕事が増える人両方がありますね。

10連休ともなれば、経済もかなり活性化されるでしょうし

サービス業の人は死ぬほど働くことになるかもしれません。

なのでメリットとデメリット、喜ぶ日と悲しむ人両方が出そうですね。

さらにまた、こんな意見も。

10日も連続で休みになるということは、

それだけ早く仕事を終わらせなければいけない

→ 4月末がクソ忙しくなる!

確かに、そういう風にもなりそうですね。

とにもかくにも、2019年5月1日が祝日になると

日本中にすごい影響が出そうなことだけは確かです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
Googleadsense広告
Googleadsense広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!